ブログ ママ・赤ちゃん留学 子ども・赤ちゃんの学校 学校紹介 語学学校

【学校取材 in セブ】多国籍な親子留学専門校、「CIEC」に行ってきた!

投稿日:

今回ご紹介するのはCEBU IVY EDUCATION CENTER、
通称CIECというフィリピンのセブにある韓国資本の語学学校です。

こちらの学校はセブでは珍しく、親子留学・ジュニア留学専門の学校。

親子留学専門校は他に日本資本のKredoKidsもありますが、
現地移住を検討していたり、国際色豊かな学校がいい!という方は
CIECを検討してみてはいかがでしょうか?

インターナショナルスクールなど現地校への進学実績もあり
試験対策もバッチリですよ!

3歳~18歳のお子様をレッスンの対象としており、ESLベースの英語学習だけでなく、
英語で様々な科目を学び、アメリカ、カナダ、オーストラリア、シンガポール、マレーシアなどの
有名大学への進学実績もあります。

下の子供がまだ3歳じゃない…という方も、シッターの手配が可能な場合もありますよ!
ご相談くださいね!

CIECはどこにあるの?

CIECはセブのタランバン地区に立地しています。

24時間出入りの管理をしている警備員も配置し、セキュリティもしっかりしています!


ご覧ください、この重厚感あふれる門!!


訪問したときも、しっかり要件と身分を尋ねられました。
お子さんが単身でご留学するケースもあるため、さすが安心感がありますね。
 

早速学校施設をチェック!

今回案内してくれたのは、日本語堪能な韓国女性スタッフの方。
素敵な笑顔で出迎えてくださいました。

生憎の通り雨でオープンしていませんでしたが、こんなカフェテリアスペースもあり。

そして敷地内にプールがあるとこともこの学校のいいところ!!

プールサイドの休憩スペースも、リゾート風でステキですよね!

それでは校内を覗いてみよう


一通り覗いたところでまずはアカデミックオフィスに案内してもらいました。
学校スタッフはここで生徒の相談にのることもできるようです。

お隣にはこんな掲示板も!

さすがいろんな国から生徒がやってくるだけあって、多国籍ですね。
日本の掲示板も発見♪

先生の情報が掲示されているボードも近くにありました。
海外の学校って感じがしますね。

すれちがう生徒たちものびのびしていて楽しそう

「No pain No gain」というペイントに、ドキッとします。

ジュニア・親向けの教室はどんなかんじ?


教室は生徒がレッスン中だったのでプライバシーの兼ね合い上写真撮影NGでした。
(しっかりしています!)

なのでこちらは空いていた自習室。

集中できそうなブースが並んでいます。


こちらのマンツーマンブースでは、先生がレッスンの準備中。

ちょっとした装飾が楽しいですね。
 

Kindergartenの教室は?


お次は3歳~の幼稚園のクラスルーム。


子供らしい装飾がかわいいですね~!


お子様が大喜びしそうなカラフルなオモチャが所狭しと並びます。
 
そしてこのKindergartenの教室で面白いと思ったのがトイレの場所。

どのクラスルームから行くより、幼稚園の教室から行くのが一番近い作りになっており、
トイレトレーニング中のお子様がピンチ!となってもすぐに行けるようになっているそう。

今かーーい!というタイミングで「おしっこ…」と言うちびっこたちには
とってもありがたいですね。


子供用便座があるのもいいですね…!

食堂を覗いてみよう


この日は遅い時間に訪れたこともあり、すでにランチの時間は終わっていました。

通常であればここに食事が並び、バイキング形式でみんなでご飯を食べるそう。

韓国経営だけあってキムチはやはり出るそうです!


机もキレイに清掃されたあとでしたが、このテーブルに並んでご飯を食べるようです。

単身で来ているお子様にとってはみんなで食べるご飯が嬉しいですね。

売店も発見!


また、ちょっとしたスナックやコーヒーなどの飲料、生活用品が購入できる売店も。
外で買わなくてもトイレットペーパーなどが校内で手に入ります!

学校スタッフの方いわく、こちらのコーヒーは、スターバックスコーヒーの豆を
使用しているとか…!?(2019年5月時点)

この売店の近くには共用ですが電子レンジやウォーターサーバー、洗い場などがあるため、
下のお子さんが離乳食期でも対応できるかもしれませんね!

気になる滞在寮は?

メインキャンパス内の学校寮に加え、メインキャンパスへのシャトルバスサービス付きの
タウンハウス寮もあるそうです。(2019年12月時点)

訪問時はメインキャンパス内の寮の1室を見せていただきました!

こんなお部屋や・・・


こんなお部屋も。

基本はベッドと机というシンプルな構成です。

水回りも見せていただきました!

少し狭めなため、慣れるまでは苦労しそうですが、シャワーが動くタイプなのは嬉しいですね!
 

どんな留学プランがあるの?

親子留学

親子留学の場合は、未就学児のお子様は幼稚園にて幼児英語コース
小学1年生~高校3年生のお子様はマンツーマンとグループで構成される
ジュニアアカデミックコースをご受講いただきます。

その間、親御様は保護者向けESLコースを受講することが可能です!
ESLの他にIELTSやTOEIC、ビジネス英語のコースがございます。

お子様と一緒に切磋琢磨してみるのもいい経験になりそうですね。

ジュニア単身留学

こちらの学校、単身でのご留学も可能です。
小学3年生~高校3年生のお子様向けにはスパルタコースをご用意。

スパルタという名前にドキドキしてしまいますが、平日はガッツリお勉強するものの
週末は校外のアクティビティに参加でき、楽しみがいっぱい!

プールはもちろん、みんなで動物園に行ったりアイランドホッピングに行くことも。

24時間のケアはもちろん、専用SNSで親御様にご連絡を入れてくれますので
1人で行かせるのは不安…という方でも思いきれそうですね。

共働きで忙しいけどお子さんを留学させてみたい!という方も検討してみてはいかがでしょうか?

期間によってはジュニアキャンプも行っているそうです!

現地校に通うコースも!!

また、スパルタコースやジュニアアカデミックコースを受講、
もしくは中級レベルの英語力をお持ちの小学1年生~中学3年生のお子様は、
現地校聴講生コースや現地校入学準備コースもご用意しています!
(※現地校入学準備コースは高校1年生まで受講可能)

聴講生コースはお弁当・車での送迎・夕食後の宿題やテストサポート付き
いたれりつくせりですね♪

現地校入学準備は、志望校を決めて受験対策をするのですが、
学校のカウンセラースタッフが相談にのってくれますので安心です。

英語力向上以外にも、数学や科学などの科目の対策も行いますし
面接対策や模擬テストまでやってくれるそう。

移住や長期留学を視野に入れている方にとってはかなり心強いのではないでしょうか。

まとめ

お子様の受け入れ体制ばっちり!の語学学校、CIECをご紹介しました。

単身でのご留学ができることはもちろん、各国から来ている
親子やジュニア世代が多くいることもいいですね!

現地校受験を視野に入れている方は、試験の時期などがあるので
一度ご相談くださいませ。

もちろん赤ちゃん連れの方についてもお受け入れできるので
一度お問合せくださいね!

個別カウンセリングのご予約はこちら

日本の中学校に短期でふらっとやってきたアメリカ人の女の子に出会い、カルチャーショックを受けると同時に海外に興味を持つ。彼女との文通(!)を通じて海外に興味をもち、バイトしては海外旅行に行きまくり、1年間のアメリカ大学留学を経て子連れでもフィリピンのセブにて短期留学をした1児の母。帰国後も未だに「えいごのりとみっくいく~」という息子を見て、また何か考えなければ…と思っている今日このごろ。

-ブログ, ママ・赤ちゃん留学, 子ども・赤ちゃんの学校, 学校紹介, 語学学校
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ママ・赤ちゃん留学 , 2020 AllRights Reserved.