子ども・赤ちゃんの学校 学校紹介 語学学校

Kredo Kids親子留学に特化した新校舎がセブにオープン!

投稿日:2018年3月21日 更新日:

英語の必修化、今後英語を読める、聞けるだけではダメ。話せる、書ける、4技能全ての能力が求められます。
こうした動きを受け、言わずもがなセブに親子留学する人が最近急増しているのです。

そんな中、2018年5月に親子留学を専門にしたスクールがセブにOPEN。

これは今までのセブ親子留学の常識を覆す試みかもしれません。留学・語学学校業界初!!親子に特化、ママ・赤ちゃん留学に特化した校舎です\(^o^)/

ということで、早速、取材してきました!

普通のセブ親子留学とは何が違うのか?

セブへの親子留学も大分普及してきました。

とは言え大体の語学学校は7歳以上の受入れ。最近はさらに小さいお子様も「ママの同伴」があればOKという学校も出てきましたが、まだ、あくまでも大人向けの学校の延長です。

しかし今回出来るKredo Kidsは中身も生活も全部が今までとは大分変わったママ・赤ちゃんに完全特化された校舎。


写真のように、クレドにはママと赤ちゃん、小さなお子様で留学する人がぞくぞく集まって来ています。

特化しているからこそ次のような違いがあります。

①子供向けに特化!幼少期しか伸ばせない英語耳を鍛えます

一つ目に子供向けに特化したカリキュラム。英語耳を育むことを意識しています。

ご存知の通りフィリピンは英語が公用語。しかし実は、ここセブにおいてはほとんどの家でビサヤ語と呼ばれる地元の言葉で会話をしています。

でも、みんなが英語を話します。英語はみんな学校で習って習得しているのです。
つまり…ここセブは、子供が英語を話せるようにする、英語教育指導に関する経験値が日本よりもはるかに進んでいるのです。

子供には大人向けのカリキュラムをそのままやっても通じません。子供はそもそもじっとしていられないし、やり方が全くと言っていいほど異なります。大人は記憶(勉強)しますが、子供は体験で、耳から吸収していきます。

クレドキッズはこのセブの英語指導法を取り入れ、子供たちの英語力を鍛えます。

②滞在先がキッチン付のコンドミニアム

セブにある語学学校は、基本、寮への滞在(集団生活)になります。

その点、クレドキッズは高級コンドミニアム滞在のため、まずプライベート感や快適性が全く異なります。イメージとしては学校生活(留学)と言うより、コンドミニアムを短期で借りてセブで生活するイメージに近いかもしれません。

部屋も基本的には家具付きの部屋を借り切るイメージ。

一般の親子留学には一部、ホテル滞在型の学校もありますが、寮でもホテルでも両方に言えるのが「キッチンがない」と言うこと。
学校で大人と同じ料理を出されても子供が食べられなければ困ってしまいます。断言しますが、赤ちゃん・小さな子供を連れて行く場合キッチンは必須です。

その点クレドキッズは親子留学に特化するからこそ、キッチン付きのコンドミニアム滞在になります。
赤ちゃんでも食べれる離乳食や好き嫌いの激しいお子様、アレルギーのあるお子様の食事を、自分たちで作れるように(^▽^)/
家政婦も兼ねているシッターに料理をお願いすることもできますよ♪

コンドミニアムをどれにするかによって料金も間取りも変わるようですが、いずれのマンションもプール付きの高級コンドミニアム!
セブシティーのど真ん中にいながらバケーション気分も味わえちゃいます。
※プールなど一部設備は工事や修繕期間の場合もあります。詳細はお問い合わせ時にご確認ください。

③治安と利便性重視の立地条件

校舎はセブビジネスパークにあり、治安も衛生面もバッチリ。

徒歩圏内にはアヤラ!買い物には困りません

セブ最大規模のショッピングモールのアヤラモールまで学校から徒歩5~10分ほど。滞在先もその間にあります。


日本で言う成城石井!ルスタンスでは日本と同じように食材が揃います。


子供向けのグッズが安い安い!買いだめしちゃいますね。


モールの中には遊具がいっぱい。子供天国のフィリピンには子供を飽きさせない仕組がたくさん(^▽^)/
ここでフィリピン人のお手伝いさんにお子様を預け、自分の時間を確保するママも多いとか!

セブビジネスパーク内はまるで先進諸国

セブビジネスパークはまるでここだけ先進国。
看板には日本でも良く目にするような大手の会社の看板が並び安心します。


セブ内で徒歩で通勤できる、なんてエリアはここぐらいしか無いかもしれません。

新校舎の1FにはPIG&PALMと言うイギリス人オーナーのレストラン!
セブ唯一のミシェランらしいです。ぜひ来たら一度は食べてください。

④シッター・お手伝いさんが皆さんの子育てをサポート


セブではシッター・家政婦さんの費用が日本の4分の1程度。


家事を手伝ってくれるのはもちろん、


授業以外の時間も英語で話しかけてもらう事が出来、まさに英語漬けの生活が送れます。


一時、シッターさんに子供を預けてママも自分の時間が持てるのもママ・赤ちゃん留学の魅力ですね!


まさに子育てを一緒にしてくれるパートナーです。

校舎の様子を覗いてみましょう!


校舎の様子ものぞかせて頂きました!

上の写真はビルの受付。高級感があり、セキュリティーもバッチリのオフィスです。

6Fに上がるとこれまたゴージャスな廊下が。

ママ用の入り口とお子様のクラスの入り口をあえて分けています。
子供が授業中にママーー、と行かないように工夫しているですね。

これも親子留学に特化してあるが所以でもあります。


フリースペースです。


マンツーマンブースです。ママはこちらで授業を受けます。


お子様向けのクラスです。これからデコレーションする、との事ですが、雰囲気が伝われば…


大体20組前後の親子が常時いる感じのようです。
写真は長期休暇中で大き目のお子様が多いですが普段は3-5歳前後のお子様が多いようです。


卒業式はみんな英語でプレゼンをして盛り上がります!

部屋には赤ちゃんも含め、親子留学に特化しているからこそ、授乳室やオムツを交換するスペースも設置するんだとか。徹底していますね。

まあ、とにかく清潔感のあるオフィスでした。期待していいと思います。

Kredokidsへの親子留学費用はどれぐらい?

料金はシッターさんをつけるか、
部屋をどんな部屋にするか。
授業コマ数をどれぐらい取るかによっても異なりますが、

おおよそ月で40万円程度から。
親子留学を受け入れている他の学校と比較すると2万円程度は費用が高め。

その分滞在が家庭ごとにコンドミニアムになっているとか、
専用のシッターさんがいるとか、
そもそもの立地がアヤラビジネスパークにある、

といったワンランク上の親子留学を目指す方にお勧めです。

Kredokidsの詳しい情報が欲しい方へ

詳細はKredo Kidsに親子留学経験のあるママカウンセラーにお尋ねください。

⁻ 大体の費用はいくらぐらい?
⁻ セブ親子留学をする際の学校選びのポイントは?
⁻ 今キャンペーン中の学校があるか?

などなど、体験談も含めお気軽に聞いていただけます

遠方の方は、SKYPEやLINEでも対応可能です!
下記お問い合わせリンクか0120-053-530まで。 -->

個別カウンセリングのご予約はこちら

近藤 英恵

ママ・赤ちゃん留学マネージャー。2児の母。子育てと仕事の両立に奮闘中!!フィリピンに4年間の子連れ移住をし、子供2人は現地私立幼稚園・小学校に通学。自身はセブの日系語学学校で勤務した後、現地で新しい学校の設立と運営に携わる。セブで幅広い年代・職種の日本人約2,000人の現地サポートをしてきた経験から、セブ留学の必須情報を発信しています。

-子ども・赤ちゃんの学校, 学校紹介, 語学学校
-,

Copyright© ママ・赤ちゃん留学 , 2019 AllRights Reserved.