ブログ

2017年夏休み:セブ島ITジュニアキャンプ 11日目

投稿日:2017年8月13日 更新日:

今日は、セブ島ITジュニアキャンプ11日目。

セブシティのITパークから車で1時間半の街、リロアンにある孤児院へ行きました。


フィリピンの孤児院で暮らす子供たちと触れ合い、異文化交流をする
アウトリーチプログラムです。


一昨日、昨日と体調不良の子供が心配でしたが、ぐっすり眠ったら復活!
今日は全員が参加できて本当に良かったです!


同じ年頃の子供たちが、フィリピンでどういう暮らしをしているのかを目の当たりにし
多様性に触れるとても良い機会。


子供たちが住む寮のお部屋や


学食のキッチンなどを見学し
子供心に感じることが多くあったのではないかと思います。


ITジュニアキャンプの子供が開会の言葉をして、プログラムのスタートです。


孤児院の子供たちもひとりひとり自己紹介。


ITジュニアキャンプの子供たちの英語の自己紹介もどんどん立派になっています!



日本の子供たちから「It's a small world!」のプレゼンテーションをすると


フィリピンの子供たちも、練習を重ねた歌とダンスを披露してくれました。
みんなとっても上手です!


また、子供たちが楽しく異文化交流できるようなゲームを開催し


司会者が告げた数字の人数のグループを作ったり
司会者が宣言したテーマを身体で表現したり。


ちなみにこの写真の子供たちは海で泳いでいます。


この写真の子供たちは、山登りをしています。


チーム別に身につけているものをそれぞれが床に置き、長さを競い合ったり。


ジャンケンのような3タイプ別の表現を、チーム別に相談して「いっせーの」で表現するゲームなど。


楽しそう〜♪


ランチタイムには、フィリピン人大好きのJollyBeeのデリバリーサービスが届き
こんなに山奥までデリバリーしてくれる配達員さんが英雄に見えました。笑


みんなでおいしく頂きます\(^o^)/



そして、ちょうどこの日がお誕生日の子供のために、バースデーソングを全員で歌ってくれました。


とっても嬉しそうです!


最後に、文房具などのプレゼントを、日本の子供たちからフィリピンの子供たちへ渡します。


閉会の言葉は、僭越ながらわたくしめが。

フィリピンで感じた本当の豊かさについて
フィリピン人はとても優しく思いやり深くて素晴らしい人が多いこと
自分に自信を持ち、夢を高く持てば、何でもできるということを
お伝えさせていただきました。


ITジュニアキャンプの子供たちにとっても
視野を広げ、心を豊かにできる最高の機会。

ご協力頂いた孤児院の皆さま、本当にありがとうございました!


帰りはセブ島の山の頂上付近であるマウンテン・ビューで新鮮な空気をたっぷり吸い


またひとつ素敵な思い出ができました(^^)

そして、早速今晩、アウトリーチプログラムの感想文を英語と日本で書き上げた子供たち。
作文は日本に持って帰るので、お母さんやお父さんは楽しみにしていてください!

近藤 英恵

ママ・赤ちゃん留学マネージャー、2児の母の近藤英恵(こんどう はなえ)です。16歳の時のオーストラリア留学から始まり、ニュージーランド留学、カナダ留学、アメリカ親子ホームステイ、フィリピン親子留学などを経験。フィリピンには4年間の教育移住をし、子供2人はモンテッソーリ教育の現地私立幼稚園・小学校に通学。私自身はセブの日系語学学校で勤務した後、現地で新しい学校の設立と運営に携わってきました。セブでは幅広い年代・職種の日本人約2,000人の現地サポートをしてきた経験があります。

-ブログ
-

Copyright© ママ・赤ちゃん留学 , 2017 AllRights Reserved.