未分類

【2019年夏休み】セブ島ITジュニアキャンプ 6日目(シティツアー&プール)

投稿日:2019年8月12日 更新日:

今日はセブ島ITジュニアキャンプ6日目。相変わらずセブの空はカラッといい天気です。

今日のアクティビティは...シティーツアーとプールアクティビティです!

フィリピンの歴史や文化が学べる観光名所を専用バンで回った後に、みんなでプールで遊びます。

朝ご飯をしっかり食べて、いざ出発。

歴史と文化を学べるセブの観光名所へ

まず最初に訪れたのは、初めて世界一周を果たしたと言われる艦隊を率いた「マゼラン」が建てた十字架(現在はレプリカとなっています)マゼランクロスです。

十字架を囲む八角堂の天井には、当時の様子を描いた絵画があって子供達は吸い込まれるように見ていました。

子供達がスタッフの説明を真剣に聞いていたのがとても印象的です。

マゼランクロスの次は、すぐ近くにあるサントニーニョ教会を訪れました。

サントニーニョ教会はセブ島最古の教会でもあり、とても歴史深い神聖な場所です。

サントニーニョはイエスキリストの子供の頃をさしていて、教会にはその姿を表したサントニーニョ像が祀られており、教会の守護神として讃えられています。

今日は日曜日ということもあって、たくさんの人がお祈りをするために教会に来ていました。

教会の天井にもたくさんの美しい絵画があり、みんな見惚れるように鑑賞。

少し回っていると、ろうそくに火をつけてお祈りをすると願いが叶うというスポットが!!

みんなでろうそくに火をつけてお祈りをしました。

「何のお願いをしたの?」なんてお互いに質問をしながらはしゃいでる子供達の姿を強く覚えています。

一通り見終えたら、車で次の場所へ移動します。

次の観光名所はサンペドロ要塞。

役300年の歴史があるこの要塞は、なんと第2次世界大戦の際に日本軍も使用していた要塞です。

当時の大砲などがそのまま残っていて、とても雰囲気のある要塞でした。

中には小さい歴史博物館もあり、フィリピンの歴史的資料をじっくりと見ていました。

本日のシティツアーの最後に訪れたのはセブの北西、豪邸が立ち並ぶ高級住宅地、ビバリーヒルズに位置する道教寺院(タイオスト・テンプル)です。

道教寺院は中華系の宗教である道教のお寺で、観光ツアーの大型バスが何台も止まっているほど有名な観光スポットです。

道教寺院内にある願いの泉には、壺のような入れ物が設置されていて、コインを投げて見事壺の中に入った人は願いが叶うと言われています。

全員が挑戦しましたが、全員失敗。

壺にコインははいりませんでしたが、みんなとても楽しそうにしていました。

お昼ご飯を食べていたらとあるサプライズが...

シティツアーを終えたら、お昼ご飯の時間。

滞在しているコンドミニアムに直結しているセブ最大級のショッピングモール、アヤラモールの中にあるKuya Jというフィリピン料理レストランで食べました。

日本ではあまり食べることのできないフィリピン料理の味を、しっかりと噛み締めながら美味しそうに食べる子供たち。

みんなでお昼ご飯を楽しみ、そろそろ食べ終わって帰ろうかと思っていたら...

なんと店員さんがバースデーソングを歌いながらケーキを持ってきてくれました♪

スタッフがジュニアキャンプ参加者の誕生日を事前にお店に伝え、今月が誕生月の子にサプライズをしてもらったのです!!

ケーキを食べてお腹もいっぱい。

今日はこれだけでも満足かもしれませんが、まだプールアクティビティが残っています。

一度コンドミニアムに戻り、プール道具を取って車でプールへ向かいます。

プールではしゃぐ子供達の体力はまだまだ尽きません

今日入るプールはセブの4つ星ホテル、ウォーターフロントのプール。

ホテルのデイユースというサービスで、宿泊しなくてもプールなどを利用することができるのです。

プールで鬼ごっこをしたり、ウォータースライダーを滑ったりして遊びました。

午前中にあれだけ街中を回ったのにも関わらず、まだまだ動き回る子供達の体力の底深さは相変わらず果てしないなと感じます。

シティツアーにプールアクティビティを終え、クタクタに疲れた子供達は夜ぐっすり。

ずっと動きっぱなしの1日でしたが、子供達はどこでも元気だったことが印象的です。

明日からはまた授業が始まり、新しい1週間が始まります。

今日の疲れをしっかり癒して、また明日から頑張りましょう!!

個別カウンセリングのご予約はこちら

15歳の現役中学生クリエイター/留学情報館 顧問。セブ島ITジュニアキャンプに参加したことがきっかけとなりITに目覚める。6歳でアメリカにホームステイ、7歳から4年間のフィリピン留学経験を活かして日々発信しています。

-未分類

Copyright© ママ・赤ちゃん留学 , 2019 AllRights Reserved.