ジュニアキャンプ ブログ

【2019年夏休み】セブ島ITジュニアキャンプ 5日目(孤児院訪問)

投稿日:2019年8月11日 更新日:

今日はセブ島ITジュニアキャンプ5日目。セブに来て初めての週末です。

ITジュニアキャンプでは、毎週末にフィリピンの文化や新たな価値観に触れて楽しめるアクティビティが用意されています。

今日のアクティビティは...孤児院訪問ですー!

日本での生活では触れることのできないフィリピンの貧しさに触れることで、普通の生活を送ることがどれだけ尊いことかを感じ取ってもらえたらなと思います。

孤児院の子供達は元気いっぱい

コンドミニアムを8時に出発し、車で孤児院まで向かいます。

平日よりも少し早いせいか、みんな目をこすりながら車に乗り込み、車ではぐっすり寝ていました。

約1時間半かけて、やっと到着。

子供達は熟睡してたおかげで一瞬に感じたみたいです。

孤児院があるのは、すごくのどかな山の上。景色が綺麗ないい場所でした。

まずはお互いを知るところから。自己紹介を楽しくできるゲームから始まり

日本語→英語→ビサヤ語(セブの言語)という風に翻訳するゲームをしたりして、親睦を深めました。

最初はお互い緊張気味でしたが、気づいたら仲良くなっていて、孤児院に響く大きな笑い声が印象的でした。

初対面でも、すぐに打ち解けて仲良く遊んで楽しめるのが子供の素敵なところですね♪

ゲームを楽しんでいたら、あっという間にお昼ご飯の時間になります。

今日のお昼ご飯はフィリピンの大人気ファストフード店、ジョリビーのチキンやスパゲッティです。

お互いの国の文化や言葉について質問したりしながら、美味しそうに食べていました。

お昼ご飯を食べ終えたあとは、女子は孤児院にある遊具で

男子はバスケットボールで遊んでいました。

今日初めて会ったのにも関わらず、まるで昔からの友達かのように楽しんでいたのを強く覚えています。

コンドミニアムでピザパーティ

週末ということで今日は特別。ピザを頼んでコンドミニアムでピザパーティです!!

フィリピンの一般的なピザの大きさがわからず、注文に四苦八苦しながらも、無事ありつくことができました。

驚くほど美味しそうに食べています(笑)

あっという間に完食。

お腹もいっぱいになって、幸せな気持ちで1日の幕を閉じました。

今日は孤児院という普段の生活では決して触れることのない場所に行って、多様性を感じるいい機会になったのではないでしょうか。

明日もシティツアーとプールアクティビティと体力の使うアクティビティが待っているので、明日に備えて今日はゆっくり寝ましょう!!

個別カウンセリングのご予約はこちら

15歳の現役中学生クリエイター/留学情報館 顧問。セブ島ITジュニアキャンプに参加したことがきっかけとなりITに目覚める。6歳でアメリカにホームステイ、7歳から4年間のフィリピン留学経験を活かして日々発信しています。

-ジュニアキャンプ, ブログ

Copyright© ママ・赤ちゃん留学 , 2019 AllRights Reserved.