ブログ ママ・赤ちゃん留学

ベビーシッター兼お手伝いさんとの1日

投稿日:2017年6月17日 更新日:

こんにちはセブ島現地スタッフのMAIKOです!
今日はママ・赤ちゃん留学のベビーシッター兼お手伝いさんを紹介します。

ママ・赤ちゃん留学の醍醐味のひとつは何と言っても彼女たち。弊社自慢のシッターさんたちがいるから私たちは自分の時間が持てるし、子供たちが安心して英語教育を受けれるのです。

そこで今日はいつも私がお願いしていることや1日の流れを何となくですがまとめてみました。

プレインターナショナルスクールへの送迎

私のうちでは基本的には8時~5時までの8時間。中に1時間の休憩を挟んでサポートしてもらっています。


毎朝7時45分ごろ来てくれます。時間通りくるフィリピン人は珍しいのですが、弊社のシッターさんはちゃんと時間通りに来ます。

うちは、子供が2歳。ケンブリッジスクールというプレインターナショナルスクールに通っています。
息子の所属するタドラークラスは8時15分~10時15分までの2時間。

彼女たちにしてもらうことはまず子供をスクールに作れていってもらうことです。

タクシーを使って通学してもらいます。私は車まで送ります。

ケンブリッジスクールは、子供が2歳の場合、クラス中は保護者かシッターさんがついてないといけません。

なので、シッターさんに最後まで授業に参加してもらっています。
はじめはちょっと嫌がりましたが、今は大分慣れました。もう第二のママになっています(^▽^)/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家の掃除と洗濯

10時45分ごろに帰宅。帰宅したら、まずは洗濯と掃除です。


毎日ほうきで部屋をはき、トイレや床をふいてくれます。

日本にいる時は二世帯で母の目もあり、手が抜けませんでしたが、ここでは全部やってくれています。

ベットメイキングも完璧。まるで毎日ホテルに滞在しているようです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ランチの準備と片付け

11時30分。次にランチの準備です。

彼女たちも少しは日本料理を作れるようにトレーニングは受けていますが、正直、味付けやっぱり私の方が日本人の舌には合う。なので、食材をカットするのを手伝ってもらいます。


でもこれが大助かり。切るスピードもまるでコックのように手ばやいです。


こんなに綺麗にカットしてくれます!


カットしてもらったものに味付けをし、食事。

もちろん洗いものも彼女たちの仕事です。もう言わないでも全部やってくれちゃいます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

休憩タイム

12時30分。持ってきた弁当を食べて休んでいます。1時間の休憩です。

うちの場合は部屋で休んでいいよーって言っていますが、外に出てもらうのも、どこかで待ち合わせることも可能です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お稽古事に同行

2時。うちの息子はジンボリー(お稽古事)にも通っています。
そこにも保護者かシッターさんの同伴が必要です。なので、私たちはジンボリーにも行ってもらっています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

買い出し

4時。明日の朝食の買い出しに。お金とリストをわたし、買ってきてもらいます。

私たちが買い物をするよりも安い場所を知っているので、こだわりの無い物であれば大体頼んじゃいます。節約にもなりますしね。

5時前に帰宅し、今日の仕事は終わりです。
もちろん、夕食の準備をしてもらったり、買い物に一緒に来てもらう、なんて事も可能です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

いろいろと手伝ったもらっている間に…

ちなみに、子供がケンブリッジスクールに行っている間、また、ジンボリーに行っている間は、私は英語学校や、ネイルに行っちゃうわけです。


日本より安いので、どんどん出来ちゃいます!

こんな時間が持てるのは本当に彼女たちのお陰です(^▽^)/

日本でこんな楽な生活してたら、なんだかまわりから白い目で見られちゃいそうです…。
そもそも高くかかりすぎて出来ませんが…

お問合わせはこちら

MAIKO_mama

セブで子育てしてます!日本にいるころは子育てばかりになっている自分が嫌でした。ストレスも多く、我慢我慢の連続だったかも。セブに来てからは自分も息子も英語の勉強しながら楽しく生活をしています! この体験をぜひ皆さんにも知ってもらいたい。そう思ってお手伝いさせてもらっています。

-ブログ, ママ・赤ちゃん留学

Copyright© ママ・赤ちゃん留学 , 2018 AllRights Reserved.